節約術

家事の味方!ロボット掃除機が必要な理由とおすすめモデル紹介

※アフィリエイト広告を利用しています

ロボット掃除機

家事の一つ一つが、日々の生活を豊かに彩る大切なもの。

しかし、忙しい毎日の中で時間を見つけるのはなかなか難しいものです。そこで、家事の時間を短縮し、もっと自分のため、家族のために時間を使いたい方々へ向けた解決策が、「ロボット掃除機」です。

本記事では、ロボット掃除機が家事の大きな味方となる理由を詳しく解説し、日々の暮らしをより快適にするためのおすすめモデルを紹介します。時間と労力を節約しながら、清潔な家での生活を実現するための一歩を、一緒に踏み出しましょう。

こんな人に読んでほしい

  • 家事に手がまわらない
  • ロボット掃除機の導入を検討しているが、高価で購入を悩んでいる
  • QOL(生活の質)を上げたい

ロボット掃除機は必要?

特徴・利点

ロボット掃除機は、以下のような特徴や利点を持っており、家事効率化の強力なツールです。

自動運転

ロボット掃除機は、プログラミングされたルートに沿って自動的に部屋を掃除します。ユーザーはスタートボタンを押すだけで、あとは機械がすべてを行います。掃除が完了すると充電スタンドに戻って自動的に充電します。

スケジュール設定

特定の日時に自動で掃除を開始するよう設定することができます。これにより、家にいない間や就寝中でも掃除が行われます。スマートフォンのアプリを通じて操作ができるモデルが多く、掃除のスケジュール設定や進行状況の確認が遠隔からでも可能です。

整理整頓の意識付け

ロボット掃除機をより活躍させるために、部屋を綺麗にしておく必要があります。部屋にものが散らかっている状態では、ロボット掃除機が思うように動けません。また、吸い込みきれない大きさのゴミなどが原因で故障してしまう恐れもあります。その為、普段から無意識のうちに整理整頓を意識した生活が送れるはずです。

デメリット

ロボット掃除機は多くの利点がありますが、いくつかのデメリットも存在します。

価格

高性能なモデルほど価格が高く、初期投資が大きくなります。購入費用に加えて、長期的にはメンテナンス費用や部品の交換費用も考慮する必要があります。

掃除の限界

ロボット掃除機は効率的に床面のほこりや小さなゴミを吸い取りますが、頑固な汚れや壁際の細かいゴミを完全に取り除くことは難しいことがあります。また、大きなゴミや散らばった物を拾うことができず、事前に手作業で片付ける必要があります。

メンテナンス

ブラシやフィルターの定期的な清掃や交換が必要です。フィルターの交換やブラシの清掃など、手入れが必要な部分があります。これを怠ると、性能が低下する可能性があります。

障害物への対応

ロボット掃除機は障害物を検知して回避する機能がありますが、すべての障害物に対応できるわけではありません。場合によっては、家具の配置やケーブル類などを取り除く必要があるかもしれません。

選ぶ際のポイント

機種性能

一般的な家庭用途

吸引力と清掃効率

日常的なほこりやゴミの清掃を行うため、平均的な吸引力と効率的な清掃パターンを持つモデルが適しています。自動でパワーを調整する機能があると、さまざまな床面での清掃がよりスムーズになります。

バッテリー寿命

中程度の広さの家庭では、一回の充電で全体をカバーできるバッテリー寿命(約60分以上)を持つモデルを選ぶと便利です。

自動充電機能

掃除中にバッテリーが切れた場合に自動で充電スタンドに戻り、充電後に掃除を再開する機能があるモデルは、手間なく使用できます。

ペットを飼っている家庭

ペットヘア対応

ペットの毛やフケに対応したブラシや高い吸引力を持つモデルを選びます。特に、毛が絡みにくい設計のブラシがあると、メンテナンスが容易になります。

HEPAフィルター

ペットの毛やフケに対応したブラシや高い吸引力を持つモデルを選びます。特に、毛が絡みにくい設計のブラシがあると、メンテナンスが容易になります。

障害物検知機能

ペットのおもちゃや食器を避けて掃除できる、高度な障害物検知機能を持つモデルを選ぶことで、ペットとロボット掃除機が共存しやすくなります。

広い家や複雑な間取りの家

マッピング機能

家全体のマップを作成し、効率的な清掃ルートを計画できる高度なマッピング機能があるモデルは、広いエリアや複雑な間取りに適しています。

複数のフロア対応

異なるフロアのマッピングを記憶できるモデルを選べば、一つのロボット掃除機で複数階の清掃が可能になります。

長いバッテリー寿命と効率的な充電

広い面積を一度に掃除するためには、長時間稼働できるバッテリーと、必要に応じて効率的に充電できる機能を持つモデルが必要です。

価格

ロボット掃除機は数多くの機種が発売されています。高機能モデルほど価格が高くなりますが、必ずしも高価なモデルが全ての人にとって最適とは限りません。価格帯ごとに適したポイントを理解し、自分のニーズや予算に最適なロボット掃除機を選択することが大切です。

エントリーレベル(低価格帯)

基本機能の確認

エントリーレベルのロボット掃除機は価格が手頃ですが、基本的な清掃機能に限定されることが多いです。吸引力が適切で、基本的な障害物回避機能があるかを確認しましょう。

バッテリー寿命

価格が低いモデルでも、自宅の広さに見合ったバッテリー寿命を持つ製品を選ぶことが重要です。一般的に、少なくとも60分以上の稼働時間は確保したいところです。

使いやすさ

複雑な機能が少ない分、使用とメンテナンスのしやすさを重視すると良いでしょう。直感的な操作性や、清掃ブラシの取り外しやすさなど、日常的な使用における便利さをチェックします。

ミッドレンジ(中価格帯)

性能と機能のバランス

ミッドレンジのモデルでは、吸引力の向上、多様な清掃モードの搭載、スケジュール設定機能など、より高度な機能が期待できます。日々の清掃ニーズを満たしつつ、価格と性能のバランスを考えましょう。

スマート機能

この価格帯からは、アプリ連携による遠隔操作や清掃スケジューリング、進行状況の確認など、スマート機能が搭載されているモデルが見られます。自宅のWi-Fi環境との互換性も確認しておきましょう。

メンテナンスの容易さ

中価格帯のモデルでは、フィルターやブラシの耐久性が向上し、交換頻度が低くなる傾向にあります。長期的なメンテナンスコストを考慮し、維持管理が容易なモデルを選ぶと良いでしょう。

ハイエンド(高価格帯)

高度なナビゲーションシステム

高価格帯のロボット掃除機は、精密なマッピング技術や高度な障害物検知能力を備えており、複雑な家のレイアウトでも効率的に清掃できます。自宅の間取りや清掃したい範囲に合わせたナビゲーション能力を持つモデルを選びましょう。

マルチフロアマッピング

複数の階を掃除したい場合、マルチフロアマッピング機能を持つモデルが非常に便利です。一台で全ての階をカバーできるため、コストパフォーマンスが高まります。

統合スマートホーム機能

最高級のモデルは、スマートホームシステムとの統合機能を持ち、音声アシスタントを通じた操作や、他のスマートデバイスとの連携が可能です。全体的なスマートホームエコシステムとの互換性を考慮すると良いでしょう。

代表的なメーカー・モデル

ロボット掃除機市場には多くのメーカーが参入しており、それぞれが特色ある製品を提供しています。代表的なメーカーとそのモデルを3つ紹介します。

iRobot Roomba

  • 代表モデル: Roomba s9+
  • 特徴: Roombaシリーズはロボット掃除機の中でも非常に人気が高く、s9+モデルでは高い吸引力と精密なマッピング技術を備えています。また、自動ゴミ収集機能を持つクリーンベースが特徴で、掃除機が自動でゴミをベースに空にできるため、手間がかかりません。

Roborock

  • 代表モデル: Roborock S7
  • 特徴: Roborockは高性能ながらコストパフォーマンスに優れたモデルを多く提供しており、S7はその中でも高い人気を誇ります。振動モップ機能により、掃除と拭き掃除の両方が可能で、床の種類を自動で識別し、カーペットがある場合はモップを持ち上げるなどの賢い機能も搭載しています。

Ecovacs Deebot

  • 代表モデル: DEEBOT OZMO 950 DX9G
  • 特徴: Ecovacsはコストパフォーマンスと機能性のバランスが取れた製品を市場に提供しており、950 DX9Gモデルでは長時間のバッテリー寿命、高精度マッピング機能、そして床を掃除しながら同時に拭き掃除もできるモッピングシステムを特徴とする高性能ロボット掃除機です。

筆者おすすめメーカー・モデル

上記3メーカーはロボット掃除機の代表的で性能面において申し分ないのですが、高価格帯のモデルが多く、手が出ない方も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいメーカーがAnker (アンカー)です。

一般的に、Eufyのロボット掃除機は手頃な価格で基本的な清掃機能を提供し、コストパフォーマンスに優れていると評価されることが多いです。

例えば、高度なナビゲーション機能や床洗浄機能などの機能を日常の掃除にはハイスペックだと感じます。また、様々な機能を搭載していると、それだけメンテナンスも大変になります。自分が掃除する時と同程度のクオリティを発揮してくれれば問題ありません。

筆者は、「Eufy RoboVac 15C」に日々、掃除してもらっています。メンテナンスも週1回程度溜まったゴミを捨て、数ヶ月に1回フィルターを掃除し、年に1回フィルター交換するくらいです。

Eufyのおすすめポイント

  • 手頃な価格
  • 基本的な清掃機能に問題なし
  • シンプルな機能
  • メンテナンスが楽

まとめ

ロボット掃除機は、現代の家庭における生活の質を大きく向上させる画期的なガジェットです。

手間なく効率的に清掃を行うことで、忙しい日々の中でも清潔な空間を維持できます。また、スマート機能により、外出先からも操作が可能で、いつでも清潔な家に帰ることができる安心感を提供します。

この便利で賢い掃除の助手を家庭に迎えることで、貴重な時間をより有意義に使えるようになります。

ぜひ、この機会に、生活をより快適にするロボット掃除機をお試しください。

-節約術